イマヨシ工房

CASUAL ATTRACTION

怒りの感情は崇高なパワー

f:id:m-ima:20170302194912j:plain

 

 怒りの感情を

ないものにしてしまわないこと

 

日本人の多くは

怒りの感情にマイナスなイメージを抱いてる

 

私もその一人だった

物心ついた時から

周りにヒステリーな人が多くって

それに対しての嫌悪感がすごかった

 

だからそれが自分の中にあることを

ずっと認めたくなかったんだよね

 

卵巣系、子宮系を患う人は

このタイプが多いんじゃないかと思います。

あと腰痛もね

体の中心点です。

 

でも実際にあるものをないことにはできない

抑え込んでも消えることはないんですよね

だましだまし隠しつつも

それはマグマのようにフツフツと大きくなっていく

 

だから一気にドカーン!!といくより

小出しに爆発させた方がいいに決まってる

 

わたしの卵巣嚢腫が破裂したのも納得

m-ima.hateblo.jp

 

 

 

最近、桜島を見てて感じたの

桜島は頻繁に噴火するものという意識だから

逆に噴火しないと「最近、噴火してないけど大丈夫かな?」

という意識でみんないる

 

溜め込んでいるとやばいってことを

潜在意識の中でみんな知っているんだよね。

 

自然や大地も「命」

私たち人間も「命」

同じ「命」なんだもん

人間だけ違うはずがない

 

私たちの中には必ずこの「怒り」という感情は存在している

それがあるということを認めてあげる

 

この「認める」ことだけでも

カラダに癒しを起こします。

 

「怒り」という言葉のイメージや語源がネガティブなため

避けられる感情の一つだけど

本当は女性的でパワフルなエネルギーだと感じています。

 

ハワイの女神ペレがまさにそうですよね

  

f:id:m-ima:20170907220418j:plain

 

matome.naver.jp

 

小出しに出せるなら新鮮なうちに出した方がいい。

 

でも過去に埋め込んでしまった怒りは

いろんな手段をとってマグマのように噴火しようとする。

 

その時、凄まじい恐れを同時に引き出してしまう。

だって噴火って怖いでしょ?

だから、また埋めこもうとしてしまうのだ。

 

 

向き合うタイミングが来たのだと

もう降参するしかない。

 

 

 

「怒り」を感じきる。

 

これできそうで結構できない。

だってこの上なく不快だから。

 

不快の正体は出来事のストーリーにとらわれているからだと感じた。

だから分析するの

この感情を。

 

腹の辺りや胸のあたりに感じる感覚を言語化してみる。

もや〜と熱く重い感じがする。とか

その感覚を感じる。感じる。感じる。

 

そうすると1点で凝縮されていた粒子のようなエネルギーが

ブワ〜と分散されていき薄まっていく感覚を感じる。

 

広がるその感覚の間(はざま)に、あったかい感覚を織り交ぜていく。

ミックスさせる。

 

拒絶するのではなく受け入れていく感覚。

頭(思考)から離れ身体(私)に意識が向いた瞬間

エネルギーが変化する。

 

穏やかさや愛しさのようなじわ〜とくるものを感じたら

完了。

 

怒りも私のもの(味方)になる。

 

 

少しづつこうして抵抗のエネルギーが和らいでいくと

身体が軽くなり視界が高くなる。

 

感じ方が変わってくる。

恐れを感じたストーリーが変わっていく。

 

きっと一生これの繰り返しなんだろうけど

景色が変わっていくこの感覚を楽しめるスキルを手に入れることができる。

 

 

 

怒りと出会ったら

チャンス!

腹くくって武士になったつもりで向き合って!

 

すごいものを発見してしまうよ。

 

 

 

 

 

 

MIHO IMAYOSHI

 

 

 

 

 

m-ima.hateblo.jp