イマヨシ工房

旅するアパレルなんでも屋のLIFE STYLE DESIGN

作ることが瞑想だった

f:id:m-ima:20160629200443j:plain

 

私にとって

ものを作ることが瞑想だった

 

子供の頃から

何かしら作ることが好きだった

 

ものを作っていると

無心になって気がついたら

何時間も経っていた

そんなことしょっちゅうだった

 

何かを作っているとき幸せだった

 

ものを作る道具やパーツは

私にとって魔法のアイテムのようなもであって

だからこそ惹かれるんだと思う

 

私の作品の染めを手がけてくれたティティチャイ

彼にものすごく惹かれたのも

彼を通してかつての自分を見ていたからだって気づいた

 

不純物のない純粋なモノづくり

 

作品が認められたり

褒められたりすると

意識がそこに向いてしまう

 

自分以外の他の目線を意識して作り出してしまう罠

そうして不純物が入り込む

純粋なエネルギーが濁っていく

 

なぜそうなってしまうのか

インスピレーションがわかなくなって

そのワケを探す長い長い旅だった

 

根底にある欠乏からの欲求

それが純粋なモノづくりから

掛け離れるものになっていた

 

欠乏を感じると恐れが湧き上がる

でも、その恐れも実は幻だったと気づく

すごくクオリティの高い幻

ある意味、芸術の域

 

安心に身を委ね

抵抗せず

信頼する

 

 

新しいモノづくり

始めます。